お料理便り|2016年03月27日(日)

平成28年 春の極上懐石 [春野菜]より 胡麻酢がけ

春となり、瑞々しく、ほろ苦さのある「春野菜」をそれぞれ調味したものを盛り合わせ
香り豊かな胡麻酢と共にお召し上がり頂く、冷菜をご用意いたしました。
甘辛い高野豆腐や、爽やかな香りと酸味の梅酢をアクセントにお召し上がりください。
DSC_4189.jpg

お料理便り|2016年03月27日(日)

平成28年 春の極上懐石 「蒸物」より 筍と馬鈴薯

江戸時代に、オランダ船でジャカルタ港より運ばれ、日本で当時は観賞用として
栽培されたという馬鈴薯。今では日本人の食生活に欠かせない、この馬鈴薯に
春を感じる筍を同寸に切ったものを合わせ、白胡麻油と共に もっちりとなるまで炒め
蒸し焼きにしたものを 春らしい香りと苦味がある蕗の薹の佃煮と
繊維質でありながら「とろり」とした、ふかひれの餡と共にお召し上がりください。
DSC_4165.jpg

お料理便り|2015年12月12日(土)

冬の献立 [冬野菜]より   酢味噌がけ

冬になり、旨味が増した旬の野菜を それぞれ炊いたものを盛り合わせ
口当たりの軽い味わいに仕立てた酢味噌と 白菜の芯を炊いて自然な白菜の甘みを
味わえるピュレと共に召し上がって頂く、一品に仕立てました。

D75_2140.jpg

お料理便り|2015年12月12日(土)

冬の献立 「蒸物」より   霙(みぞれ)蒸し

「古事記」には清白(すずしろ)の名で記され、 日本人の食生活を語るには欠かせないと
言われるほどの重要な野菜である大根。 冬になり瑞々しく旨味も増すこの大根を
荒くすりおろし、少量の上新粉と太白胡麻油と共に蒸し焼きにして 自然の甘みを
引き出したものに、とちぎゆめポークを炊いたものを合わせた一品をご用意しました。
炊いた柚子の香りと苦味をアクセントにお召し上がりください。

D75_2142.jpg

お料理便り|2015年12月01日(火)

今年の「とちおとめ」

今年は知り合いのご紹介で

高根沢の古口さんが育てた

甘くて美味しい「とちおとめ」を使わせて頂くことになりました。

IMG_1091.JPG

IMG_1092.JPGIMG_1137.JPG

新着記事一覧へ